• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「世界禁煙デー」のイベントでは人権感覚を疑う発言も

 受動喫煙防止対策を強化する健康増進法改正案をめぐる迷走が続くなか、5月31日の世界禁煙デーを迎え、都内だけでなく全国各地でさまざまなイベントが開かれた。

 イベントの大半は厚労省や医師会など、「たばこフリー」――すなわち禁煙社会を志向している団体や組織の主催。今年は「受動喫煙」が突如として政治テーマになってきたこともあり、都知事が参加したり、SNSが実況したりと、昨年までとは様子が変わってきたようだ。

「受動喫煙防止」「子どもを守る」という課題は当然のことで、異論をはさむ余地はない。社会全体が協調して、多様な考え方、価値観を維持しながら、問題解決に取り組んでいけばいい。ところが、「禁煙社会」を志向する人々は、あくまでも規制強化、法案化、条例化にこだわる姿勢が強い。そうした中で、首をかしげたくなるような発言も飛び出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  10. 10

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

もっと見る