「世界禁煙デー」のイベントでは人権感覚を疑う発言も

公開日: 更新日:

 受動喫煙防止対策を強化する健康増進法改正案をめぐる迷走が続くなか、5月31日の世界禁煙デーを迎え、都内だけでなく全国各地でさまざまなイベントが開かれた。

 イベントの大半は厚労省や医師会など、「たばこフリー」――すなわち禁煙社会を志向している団体や組織の主催。今年は「受動喫煙」が突如として政治テーマになってきたこともあり、都知事が参加したり、SNSが実況したりと、昨年までとは様子が変わってきたようだ。

「受動喫煙防止」「子どもを守る」という課題は当然のことで、異論をはさむ余地はない。社会全体が協調して、多様な考え方、価値観を維持しながら、問題解決に取り組んでいけばいい。ところが、「禁煙社会」を志向する人々は、あくまでも規制強化、法案化、条例化にこだわる姿勢が強い。そうした中で、首をかしげたくなるような発言も飛び出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

  9. 9

    先物が最高値 GW10連休を襲うガソリン髙と値上げラッシュ

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る