「世界禁煙デー」のイベントでは人権感覚を疑う発言も

公開日:

 受動喫煙防止対策を強化する健康増進法改正案をめぐる迷走が続くなか、5月31日の世界禁煙デーを迎え、都内だけでなく全国各地でさまざまなイベントが開かれた。

 イベントの大半は厚労省や医師会など、「たばこフリー」――すなわち禁煙社会を志向している団体や組織の主催。今年は「受動喫煙」が突如として政治テーマになってきたこともあり、都知事が参加したり、SNSが実況したりと、昨年までとは様子が変わってきたようだ。

「受動喫煙防止」「子どもを守る」という課題は当然のことで、異論をはさむ余地はない。社会全体が協調して、多様な考え方、価値観を維持しながら、問題解決に取り組んでいけばいい。ところが、「禁煙社会」を志向する人々は、あくまでも規制強化、法案化、条例化にこだわる姿勢が強い。そうした中で、首をかしげたくなるような発言も飛び出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る