エスカレートする喫煙規制<上>

公開日:

 健康増進法改正案を国会に提出した厚労省が、いつの間にかホームページの一部を更新していた。改正案の参考資料として掲載している資料の中に、「喫煙時の室内におけるニコチン濃度」という説明が追記されたのだ。そこには紙巻きたばこと加熱式たばこのニコチン濃度を測定した試験の目的、方法、結果が記されている。

 このページを見ると、前から掲載されていた「加熱式たばこにおける科学的知見」と微妙に表現方法が変わっている。さらに、試験が過酷な環境下で行われたことが一目瞭然となった。

 まず、表現の違いだが、「科学的知見」のページでは「主流煙に含まれるニコチン濃度」が問題視されている。ところが、追記された資料では「環境たばこ煙(副流煙+呼出煙)」という表現に変わっているのだ。

「これまで受動喫煙で問題にされてきたのは副流煙でした。でも、加熱式たばこには副流煙はほとんど発生しないことを厚労省も認めています。そこで加熱式たばこの健康影響の可能性を指摘したいために、ニコチンが含まれる主流煙を問題にしてきたのでしょう。ただ、さすがに主流煙だけでは説得力がないため、副流煙と喫煙者が吐き出す煙(呼出煙)を持ち出してきたのではないか」(医学関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る