エスカレートする喫煙規制<上>

公開日: 更新日:

 健康増進法改正案を国会に提出した厚労省が、いつの間にかホームページの一部を更新していた。改正案の参考資料として掲載している資料の中に、「喫煙時の室内におけるニコチン濃度」という説明が追記されたのだ。そこには紙巻きたばこと加熱式たばこのニコチン濃度を測定した試験の目的、方法、結果が記されている。

 このページを見ると、前から掲載されていた「加熱式たばこにおける科学的知見」と微妙に表現方法が変わっている。さらに、試験が過酷な環境下で行われたことが一目瞭然となった。

 まず、表現の違いだが、「科学的知見」のページでは「主流煙に含まれるニコチン濃度」が問題視されている。ところが、追記された資料では「環境たばこ煙(副流煙+呼出煙)」という表現に変わっているのだ。

「これまで受動喫煙で問題にされてきたのは副流煙でした。でも、加熱式たばこには副流煙はほとんど発生しないことを厚労省も認めています。そこで加熱式たばこの健康影響の可能性を指摘したいために、ニコチンが含まれる主流煙を問題にしてきたのでしょう。ただ、さすがに主流煙だけでは説得力がないため、副流煙と喫煙者が吐き出す煙(呼出煙)を持ち出してきたのではないか」(医学関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  10. 10

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る