山梨・十谷上湯温泉 大自然の中で温冷交互入浴が楽しめる

公開日:

 本当に暑い今年の夏。残り少ない夏休みに、ぜひ家族で行って欲しい涼しげな渓流混浴露天風呂をご紹介します。

 私が初めて行ったのは2年前。パパの運転で、富士川沿いの国道52号から、大柳川沿いの林道を遡りました。道はどんどん狭くなるのに、宿の案内板ひとつありません。「ホントにこの先にあるの?」とパパに聞くと「あるはずなんだけどな?」と心もとない返事。何度も行ってるのに、頼りないよ~!

 小一時間走ったころ、ようやくお目当ての宿「源氏の湯」が現れました。奥深い渓谷にある、まさに秘湯宿という雰囲気です。

 少し早めに行って、大柳川渓谷の遊歩道沿いを歩いてみるのもいいですよ。数々の吊り橋や美しい滝を眺めながら、宿から往復2時間のハイキングが楽しめます。

 遊び疲れた体を癒やしてくれるのが温泉です。内湯もいいですが、ここの醍醐味はやはり、宿の奥の吊り橋を渡った先にある「渓流野天風呂」と「かじかの大岩風呂」です。温泉に入りに行くのにわざわざ吊り橋を渡らなければならないのが冒険心をそそるんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る