• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

山梨・十谷上湯温泉 大自然の中で温冷交互入浴が楽しめる

 本当に暑い今年の夏。残り少ない夏休みに、ぜひ家族で行って欲しい涼しげな渓流混浴露天風呂をご紹介します。

 私が初めて行ったのは2年前。パパの運転で、富士川沿いの国道52号から、大柳川沿いの林道を遡りました。道はどんどん狭くなるのに、宿の案内板ひとつありません。「ホントにこの先にあるの?」とパパに聞くと「あるはずなんだけどな?」と心もとない返事。何度も行ってるのに、頼りないよ~!

 小一時間走ったころ、ようやくお目当ての宿「源氏の湯」が現れました。奥深い渓谷にある、まさに秘湯宿という雰囲気です。

 少し早めに行って、大柳川渓谷の遊歩道沿いを歩いてみるのもいいですよ。数々の吊り橋や美しい滝を眺めながら、宿から往復2時間のハイキングが楽しめます。

 遊び疲れた体を癒やしてくれるのが温泉です。内湯もいいですが、ここの醍醐味はやはり、宿の奥の吊り橋を渡った先にある「渓流野天風呂」と「かじかの大岩風呂」です。温泉に入りに行くのにわざわざ吊り橋を渡らなければならないのが冒険心をそそるんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る