あわや大ヤケド 富山の祖母谷温泉で誤って灼熱の源泉に…

公開日: 更新日:

#15 祖母谷温泉(富山県)

 山奥の混浴温泉は、ときに危険を伴います。あわや大ヤケドという出来事が2012年秋にありました。

 それは富山県黒部市の「祖母谷温泉」に行ったときのことです。黒部峡谷鉄道のトロッコに乗り終点の欅平へ。そこから林道を1時間歩いた、本格的な登山道の入り口に一軒宿の祖母谷温泉はありました。

 まず野湯に入ろう! ということで、そこから歩いて5分の源泉へ。到着すると、河原の至る所から、ぼこぼこぼこぼこお湯が湧いていて、地面が全部熱い! いるだけでサウナ状態です。

 ちょっと触ってみるとまさに熱湯で、とてもそのままでは入れません。川端に穴を掘り、川の水を混ぜて適温にする必要があります。

 その場所を探し求め、飛び石を渡る要領で源泉の河原を進んでいたら……石がぐらついてバランスをくずし、片方の足を灼熱の源泉にくるぶしまで入れてしまったのです! 本当に熱い時って声も出ないんですね。とっさに川に行ってサンダルと靴下を脱ぎ、川の冷たい水で冷やしました。すぐさま川で冷やせたことが幸いしたのか、水ぶくれができたり皮がめくれたりするようなことにはなりませんでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事