富山県・鐘釣温泉 衆人環視もみんなで入れば怖くない?

公開日:  更新日:

 山の中や河原に自然に湧き出る温泉「野湯」。何時間も歩かないとたどり着けなかったり、入浴したらコケや沈殿物まみれになってしまったりと“入りづらい”ところが結構多いんですよね。

 そんな中、歩く時間も短くてとても奇麗なのに、なぜか入りづらい野湯が富山県の黒部にあります。

 場所は黒部峡谷鉄道トロッコ列車の鐘釣(かねつり)駅近く。夏休みや紅葉の時季は特に観光客で賑わう黒部川の河原に「河原露天風呂」「岩風呂」の2つの野湯があります。どちらも近くの鐘釣温泉旅館が管理しているので、正確には野湯ではありませんが、河原露天風呂は文字通り河原に湧く湯を囲っただけですし、岩風呂は天然の大きな一枚岩の洞窟に温泉がたまっているだけ。実質的には野湯と言って問題ありません。

 どちらも底の砂地から湯が湧いています。一見よく分かりませんが、流れ出る量だけでも相当なので、全体ではかなりの湯量だと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る