• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

富山県・鐘釣温泉 衆人環視もみんなで入れば怖くない?

 山の中や河原に自然に湧き出る温泉「野湯」。何時間も歩かないとたどり着けなかったり、入浴したらコケや沈殿物まみれになってしまったりと“入りづらい”ところが結構多いんですよね。

 そんな中、歩く時間も短くてとても奇麗なのに、なぜか入りづらい野湯が富山県の黒部にあります。

 場所は黒部峡谷鉄道トロッコ列車の鐘釣(かねつり)駅近く。夏休みや紅葉の時季は特に観光客で賑わう黒部川の河原に「河原露天風呂」「岩風呂」の2つの野湯があります。どちらも近くの鐘釣温泉旅館が管理しているので、正確には野湯ではありませんが、河原露天風呂は文字通り河原に湧く湯を囲っただけですし、岩風呂は天然の大きな一枚岩の洞窟に温泉がたまっているだけ。実質的には野湯と言って問題ありません。

 どちらも底の砂地から湯が湧いています。一見よく分かりませんが、流れ出る量だけでも相当なので、全体ではかなりの湯量だと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

もっと見る