「受動喫煙」4500万円損害賠償裁判 横浜地検の棄却理由

公開日: 更新日:

 4月から始まるある民事裁判の控訴審の行方が注目されている。横浜地方裁判所で昨年11月に判決が下された受動喫煙をめぐる損害賠償請求事件だ。

 この裁判の原告は横浜市内の団地2階に住むAさん夫妻と娘。被告は同じ団地の1階に住むBさん。

 この裁判は「受動喫煙症」「化学物質過敏症」などと診断された原告側が、被告の喫煙による副流煙が原告宅に大量に流入した可能性が極めて高く、被告の喫煙と原告の発症、罹患に因果関係があることは明らかなどとして、総額約4500万円の損害賠償や喫煙の自由の制限をBさんに求めたものだ。

 被告のBさんは(両家の位置関係、風向きなどから)被告の喫煙による副流煙が原告宅に到達し、室内に流入することは物理的にあり得ない。原告らが化学物質過敏症であるとしても、その原因がたばこの副流煙であることも、その副流煙が被告の喫煙によるものであることも、立証されていない。被告が自宅の室内における喫煙を禁止される根拠はない、として原告の主張を否認し争ってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る