年間973万人が参拝する伊勢神宮周辺の喫煙環境は?

公開日: 更新日:

 1月中旬、平日午前中の駐車場に大型バスが次々とやってくる。バスを降りた団体客が列をなして歩き始める。彼らが向かうのは、内宮と外宮合わせ昨年1年間で972万9616人の参拝者が訪れた伊勢神宮だ。初詣の時季である1月は全国各地からの参拝者が最も多い。

 そんな人気スポットを抱える伊勢市は昨年12月、議会が「伊勢市を美しくする条例」を改正し、路上喫煙禁止区域を指定する改正案を可決した。周知期間を経て7月から禁止区域を発動させる。喫煙所が整備されている伊勢市駅・宇治山田駅周辺エリア、内宮周辺エリアが対象で、罰則規定は設けず、喫煙者を近隣の喫煙所に誘導する案内看板などを設置するとしている。鈴木健一市長は昨年11月の会見で「市民や観光客に快適な空間を確保するとともに、嗜好品として喫煙者が安心して吸える環境を整えたい」と条例改正の狙いを語っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  7. 7

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  8. 8

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

  9. 9

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る