独自の雇用制度で受賞 経営者・栢孝文「麻雀で培った思考」

公開日: 更新日:

オンライン麻雀「Maru-Jan」運営

 過労自殺が社会問題化する中、ユニークな雇用制度で職場を盛り上げている企業がある。2月7日、リクナビNEXT主催の「第3回グッド・アクション」を受賞した「シグナルトーク」(東京都大田区)だ。オンライン麻雀ゲーム「Maru-Jan」の運営を柱とするITベンチャー企業で、3年前に導入した「フリーワーキング制度」がビジネス界で注目を集めている。

■社員の労働時間を減らし業績を伸ばす

 同制度は、子育て支援やプライベート確保のための「フリーデイズ」(少日数勤務)、自宅やカフェなど社外で仕事をしたい社員のための「リモート」(在宅勤務)からなり、いずれも週3日勤務から選択できる。

 社員にとっては夢のような雇用制度だが、この独自の取り組みで労働時間を大幅に削減しながら、かつ業績を伸ばし続けているのが、代表取締役の栢孝文(42)だ。

「2007年当時は社員の平均時間が月219時間でした。残業でいうと約60時間ですね。共同創業者が体調を崩して辞めてしまったこともあり、『これじゃいかん』と労働時間を減らす取り組みを続けたんです。結果、12年には月157時間、フリーワーキング制度導入後の16年には月147時間になりました。ここまで減らすと生産性を心配されるかもしれませんが、昨年は過去最高の売り上げを記録しました」

 オンライン麻雀ゲーム大手の同社の売り上げは、昨年6億6000万円(税抜)。前年比2000万円増だ。どうすれば、労働時間短縮と会社の成長を両立できるのか。

「社員がクリエーティブな仕事に割ける時間を増やすため、ルーティンの合理化・効率化を突き詰めたんです。パソコンのファイル名など社員ごとにバラバラだったルールの統一から始まり、社員が少しでも楽できるツールなどがあれば社内で共有。毎年業務効率テストを実施して、効率化の意識を高めています。結果、従来は3時間かかっていた作業がボタン1つでできるようになったものもあります。それでは仕事がなくなってしまう、という議論もあるかと思いますが、それなら、もっと意味のあるほかの仕事をすればいい。当然、会議も狙い撃ちです。ムダを減らせばミスも減る。モノを作る側とチェックする側の時間が大幅に短縮されるんです」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 2
    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

  3. 3
    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

  4. 4
    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

  5. 5
    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

  1. 6
    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

  2. 7
    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

  3. 8
    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

  4. 9
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 10
    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…

    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…