20年無敗の裏プロ雀士 桜井章一氏が語る40年前の歌舞伎町

公開日: 更新日:

 40年前、ちょうど30歳すぎの頃は会社員をやっていました。といっても、給料はもらってなかったけどね。こっちから「カネはいらない」って入社したんですよ。男が男に惚れるっていうのですかね、ある人に引かれて、その人が経営する社員200人くらいの会社に入った。誤解されると困るけど、僕が「この人は」と思ったのは、後にも先にも、その人だけです。

 必要なカネは麻雀で稼いでいました。やれば絶対に負けなかったからね。打つのは歌舞伎町のフリー雀荘です。夕方すぎから「小悪」相手に稼いでいた。いわゆる、そのスジの人たちですよ。時々、間違ってシロウトが雀荘に入ってくるのですが、ビビってしまうのか、シロウトはまず勝てなかったね。

 さすが、歌舞伎町のフリー雀荘には博才の強い連中が集まっていた。言葉ひとつで命のやりとりになりかねない厳しい世界で生き残るには、やはり博才が必要なのでしょう。皆、強かったですよ。後からプロ雀士として名前を売ったヤツも打ちに来てたけど、来れば負けていた。どだい博才が違うんですよ。歌舞伎町の住民は「なんで、あいつがプロなんだよ」と笑っていましたね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  2. 2

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  5. 5

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  8. 8

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  9. 9

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  10. 10

    鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る