俳優・プロ雀士の萩原聖人「麻雀を五輪種目に」覚悟を語る

公開日:

 深夜の麻雀番組「THEわれめDEポン」(フジテレビ系)では13回の優勝経験を持ち、“芸能界最強雀士”の異名を持つ萩原聖人さん(47)。10月1日に開幕した競技麻雀のプロリーグ「Mリーグ」(注1)にはドラフト会議を経て参戦中だ。プロとして“魅せる麻雀”を打つことはもちろんだが、賭博、イカサマ、徹マンなどネガティブで不健康なイメージがつきまとう斯界のイメージアップにも乗り出している。「目標は麻雀が五輪の正式種目になること」と意気込む初代“Mリーガー”に、麻雀が幅広く市民権を獲得するための現状分析と課題、展望を聞いた。

■「ライバルは世の中の偏見」

  ――10月18日の対局でMリーグ5戦目にしてプロ初勝利を挙げた。

 相手もプロですし、なかなか勝たせてもらえるわけではない。それでも東2局のリーチ・一発・ツモ・七対子・ドラ1の跳満とかは自分らしいアガリかなと。初トップはうれしいですけど南場に入ってからの展開には課題もあった。赤ありルール(注2)の全自動卓だから実力者が集まっても7万点トップとかが生まれている。自分の麻雀をやればトップが取れるのはわかったけどトライ&エラーです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る