俳優・プロ雀士の萩原聖人「麻雀を五輪種目に」覚悟を語る

公開日: 更新日:

 深夜の麻雀番組「THEわれめDEポン」(フジテレビ系)では13回の優勝経験を持ち、“芸能界最強雀士”の異名を持つ萩原聖人さん(47)。10月1日に開幕した競技麻雀のプロリーグ「Mリーグ」(注1)にはドラフト会議を経て参戦中だ。プロとして“魅せる麻雀”を打つことはもちろんだが、賭博、イカサマ、徹マンなどネガティブで不健康なイメージがつきまとう斯界のイメージアップにも乗り出している。「目標は麻雀が五輪の正式種目になること」と意気込む初代“Mリーガー”に、麻雀が幅広く市民権を獲得するための現状分析と課題、展望を聞いた。

■「ライバルは世の中の偏見」

  ――10月18日の対局でMリーグ5戦目にしてプロ初勝利を挙げた。

 相手もプロですし、なかなか勝たせてもらえるわけではない。それでも東2局のリーチ・一発・ツモ・七対子・ドラ1の跳満とかは自分らしいアガリかなと。初トップはうれしいですけど南場に入ってからの展開には課題もあった。赤ありルール(注2)の全自動卓だから実力者が集まっても7万点トップとかが生まれている。自分の麻雀をやればトップが取れるのはわかったけどトライ&エラーです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  5. 5

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  6. 6

    左頬の刀傷と眼光…初めて生で見た安藤昇は想像以上の迫力

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  9. 9

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  10. 10

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

もっと見る