いよいよ東京地裁に出廷 ゴーンは法廷で何を訴えるのか?

公開日: 更新日:

 電撃逮捕から7週間。私的な投資で生じた損失を日産自動車に付け替えたとして、特別背任の疑いで再逮捕された前会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)が8日、勾留後初めて公の場に姿を見せる。

 弁護人を通じて請求した勾留理由開示の手続きで東京地裁に出廷するのだが、一貫して無罪を主張するゴーン容疑者の口からどんな発言が飛び出すのか。ゴーン容疑者の長男のアンソニー氏は仏メディアの取材に、「(父は)力強く反論する用意ができている」「父の説明を聞いて皆、驚くだろう」と“宣戦布告”している。

 勾留理由開示は、裁判所が公開法廷で勾留を認めた理由を説明する手続きで、容疑者や弁護人は裁判所に意見を述べたり、質問することもできる。弁護人の大鶴基成弁護士によると、ゴーン容疑者は「日産に損害を与えていないことを自分の言葉で裁判官に伝えたい」と話しているという。英語の法廷通訳人が付く見通しだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  7. 7

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  8. 8

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る