藤本誠之
著者のコラム一覧
藤本誠之

「相場の福の神」とも呼ばれている証券アナリスト。Yahoo!株価予想2012年勝率1位、39連勝の記録を持つ。 関西大学工学部卒。日興証券(現SMBC日興証券)、日興ビーンズ証券、カブドットコム証券などを経て現職。日本証券アナリスト協会検定会員、ITストラテジスト、オールアバウト株式ガイド。ラジオNIKKEI「この企業に注目、相場の福の神」レギュラー出演。著書に「朝13分で、毎日1万円儲ける株」(明日香出版社)など。

振動試験装置で世界シェア1位「IMV」自動車の進化で需要増

公開日: 更新日:

 上海株式指数が節目の3000ポイントを大きく上抜けてきました。

 中国の全国人民代表大会(全人代)で、大型減税と公共投資を柱とする景気刺激策が発表されたことと、米中貿易摩擦への懸念が和らいだことが要因です。世界第2位の経済大国である中国の動向は世界経済に大きな影響を与えます。

 この欄で紹介した銘柄が絶好調。前回紹介の「ライトアップ」は、2日連続のストップ高と爆騰しました。今回も短期急騰が期待できる銘柄を紹介しましょう。

 動電式振動試験装置では、国内シェア約65%、世界シェア約26%と、どちらもトップのグローバルニッチトップ企業である「IMV」(7760、東証ジャスダック=投資金額約4万円)です。

 自動車部品は、振動、温度、湿度など厳しい環境の中で使用されます。「IMV」は、大手自動車メーカーに振動や温度、湿度の試験装置を販売しています。振動、温度、湿度など複合試験に用いられるオールウエザータイプや実環境に近い振動を再現することができる多自由度試験機などを販売しています。小惑星探査機「はやぶさ」プロジェクトにも協力しており、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は大口顧客です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    MLBとは対照的 旧態依然な“天下り天国”日本プロ野球の限界

  7. 7

    「ボイパのおっくん」も擁立 立民“プチ有名人”作戦の吉凶

  8. 8

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

  9. 9

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  10. 10

    テレ朝vs日テレで勃発 若貴兄弟“和解特番”争奪戦の行方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る