5月7日から令和の“官製相場”スタート 今から狙う20銘柄

公開日: 更新日:

 週明け7日(火)から令和相場がスタートする。市場はご祝儀相場への期待でいっぱいだ。

「昭和から平成に変わった1989(平成元)年は活気に満ちていました。バブルの真っただ中で、日経平均は年末に史上最高値の3万8915円87銭(終値)をつけたのです。今回も上昇相場が出現するでしょう。何しろ安倍政権は改元効果をアピールするために株高を演出するはずです。GW明けから当分の間は令和の歓迎相場が続くとみています」(証券アナリスト)

 新元号が発表された4月1日以降、カレンダー印刷が得意な野崎印刷紙業や、インキに強いDICなど改元関連が急騰。市場に令和フィーバーが巻き起こった。GW明けの主役は、どんな銘柄か。

「令和の官製相場が始まると思っています。株式市場を盛り上げるには日経平均を高く維持すればいいのです。政府の意向をくんだクジラ(巨大な機関投資家)が日経平均寄与度の高い銘柄を買いまくり、株価を上昇させていく。そんな官製相場になるでしょう」(市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  4. 4

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  5. 5

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  6. 6

    高齢者には難解…何かと横文字を使いたがる政治家の心理

  7. 7

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  8. 8

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<中>

  9. 9

    コロナ禍でクビ切り本格化 失業率25%超が現実味おびる

  10. 10

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

もっと見る