トランプ関税で乱高下も 丸和運輸機関は業績好調

公開日: 更新日:

 トランプ大統領の対中関税25%のツイッター発言で、相場に先行き不安感が漂っています。

 こういう状況ではAIはどういう判断を下すのでしょうか。来週のイチ押しに選んだのは、「丸和運輸機関」です。

 埼玉県吉川市に本社を置く物流会社で、連休明けの8日に2019年3月期決算を売上高が855.9億円で前期比15.1%増、営業利益は58.1億円で同29.0%増になったと、ホクホク顔で発表しています。

 当然、AIはこういったニュースを見逃しません。すでに同社の株価は年初の2674円から1.5倍に上昇していますが、売りポジションも見据えながらさらなる値上がりに期待したいところです。

 2番手に挙げた「朝日インテック」は、カテーテル治療に不可欠な医療用極細ワイヤを製造している会社です。

(情報提供=MILIZE PRO)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「栄冠は君に輝く」熱唱 久志モデル伊藤久男の数奇な人生

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  4. 4

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  5. 5

    広瀬すず「嫌いな女優」2位 松田聖子バッシングとの酷似点

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    末期がんで逝った父・三郎 唐沢寿明が演じたモデルと晩年

  9. 8

    金子ノブアキ演じた藤田嗣治とオペラ歌手・三浦環を結ぶ線

  10. 9

    しらじらしい決別 元産経記者ら応援団も安倍と共に去れ

  11. 10

    戦慄100人超え “小池ファースト”が招く感染爆発&医療崩壊

もっと見る