前田浩司
著者のコラム一覧
前田浩司不動産コンサルタント

1967年生まれ。大阪体育大学硬式野球部でエースとして活躍。元大手マンション販売会社の取締役営業部長。現在は、不動産コンサルティング「ラソ・トラスト」代表。著書に「不動産投資 騙しの手口」(秀和システム)がある。

投資するなら 物件選び4つのポイントと信頼できる営業マン

公開日: 更新日:

 前田さんが、「不動産投資 騙しの手口」を出版するにあたって、実は多方面から相当なプレッシャーがあったという。

 いうなれば、業界の内情をあからさまにしたものであり、身内の恥までさらけ出しているのだ。

「業界の健全化というか、これ以上、不動産投資で不幸な人を増やしたくないという気持ちを込めて書きました。早くも本欄を読んだという医師から連絡があり、反響の大きさに驚いているところです」

 前田さんは直前まで営業部長として多くの部下を率い、年収は3000万円に達していた。

 不動産はやり方さえ間違えなければ、資産として残せるという。そのために必要なのは「本人の勉強」と「いい営業マンを持つ」ことだ。

■高齢ドライバー問題も追い風

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

  10. 9

    小池都知事“馬耳東風”…ネット討論会が映さなかった本性

  11. 10

    相次ぐ教師の陽性…小池知事は市中感染拡大も見て見ぬふり

もっと見る