「OATアグリオ」植物工場で使用される肥料が高シェア

公開日: 更新日:

 2050年――世界の人口は現状の70億人から90億人(98億人説も)に増加するとみられている。

 森林破壊の進行など地球環境は激変。耕地面積の拡大は困難だろうし、作物をどう確保するかは大きな課題だ。

 そこで活躍するのがOATアグリオ(4979)。この会社は、農作物の栄養分となる肥料と、それを効率的に供給することで農作業の省力化、効率化に寄与している。

 例えば野菜や果樹用の殺虫剤、減菌剤、除草剤、植物成長調整剤を扱う。近ごろ注目度を高めている植物(野菜)工場向けにも活躍の場を広げる。「OATハウス肥料シリーズ」は個人向けだけでなく、大規模な植物工場での利用が広がり、水耕栽培分野でトップシェアを誇る。

 OATアグリオの前身は、大塚ホールディングス傘下にある大塚化学の農薬・肥料部門、アグリテクノ事業部だ。2010年、大塚HDの事業ポートフォリオ見直しの際、農薬・肥料部門はノンコア(非中核)に仕分けされた。この時、当時、大塚化学副社長だった森明平氏(現OATアグリオ社長)が、ファンドの支援を得てMBO(経営陣による会社買収)を実施し、「大塚アグリテクノ」として分離・独立した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  7. 7

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る