株価暴落で時価総額ガタ減り…上場廃止危機に直面する22社

公開日: 更新日:

 コロナショックが企業を直撃している。自動車メーカーは北米での生産休止に追い込まれ、国内のテーマパークは相次いで営業を休止。外食店は閑古鳥が鳴いている。

 株式市場は大荒れで、日経平均はこの2カ月間に30%以上も下落した。市場からは「株価暴落の影響で上場廃止に追い込まれる会社が続出する危険性がある」と囁かれ出した。

「このまま株価が戻らなかったら……という恐怖に震えている経営者が増えています。新型コロナの影響とはいえ、上場廃止に追い込まれれば企業の信用に傷がつきます。業績悪化に襲われ、下手をしたら経営危機に発展しかねません」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 東証の上場廃止基準に「時価総額基準」がある。東証1部と2部は「時価総額が10億円未満」になり、「9カ月以内に10億円以上」に戻らないと上場廃止だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

もっと見る