新型コロナ感染拡大で株のプロ注目 急動意しそうな21社

公開日: 更新日:

 乱高下の続く株式市場で、新型コロナウイルス感染拡大に絡む企業の物色が激しさを増している。

 先週は、ぜんそく治療剤が新型肺炎に効果を発揮する可能性があるとの報道で、この治療剤に関わる帝人(東証1部)が爆騰。一時は前日比で10%近く値を上げた。

「トイレの部品が中国から入らず、住宅メーカーが困惑しているというニュースに反応した銘柄もあります。トイレはTOTOとLIXILの大手2社でシェア8割ほどを占めますが、それに続く中堅どころに注文が殺到したのです」(市場関係者)

 先週6日、トイレ関連のアサヒ衛陶(東証2部)が急騰。新規注文の増加で業績拡大が見込めるとの思惑から、ストップ高まで株価は上昇した。大阪大学などと共同で予防用DNAワクチンを開発するとしたアンジェス(東証マザーズ)もストップ高だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  6. 6

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  7. 7

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  8. 8

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  9. 9

    徳井と田村の復帰成功の裏でツキにも見放された宮迫の悲哀

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る