松島修
著者のコラム一覧
松島修投資助言会社社長

1960年東京生まれ。94年投資助言会社エフピーネットを設立し代表取締役に就任。メルマガ「イーグルフライ」で投資アドバイス。2008年からの金融危機前に各相場のピークを予測し「全ての投資をやめる時」と事前に警告したことで知られる。テレビ東京、日経新聞などメディア出演多数。無料メルマガ「イーグルビュー」で最新情報を提供中。

戦争、災害、金融危機再熱…中国は全世界を相手に戦争状態

公開日: 更新日:

 激動の時代の特徴は「戦争」「想定外の災害」「金融危機再燃」です。

 2020年は新型コロナウイルスから始まり世界中に激震が走りましたが、特に中国が激動の牽引役のようになっています。

 中国は現在、全世界を相手に戦争状態に陥っています。

 香港問題から米国議会は中国と対立を拡大しています。

 米国の2つの空母打撃群は、南シナ海で軍事演習を行うことで中国に対して牽制していますが、中国の軍隊が暴走すると本当に戦争となる可能性があります。

 インドとの紛争は激化し、数少ない中国の同盟国であるミャンマーも中国と対立しだしました。

 対日本では尖閣諸島を連日挑発しています。

 中国では経済成長がマイナスに陥ったことで、国民が黙ってないと思いますので、外に目を向けさせるために強硬策に出ていると思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    チャリティーゴルフで社会貢献 人気絶頂女子プロの“本音”

もっと見る