松島修
著者のコラム一覧
松島修投資助言会社社長

1960年東京生まれ。94年投資助言会社エフピーネットを設立し代表取締役に就任。メルマガ「イーグルフライ」で投資アドバイス。2008年からの金融危機前に各相場のピークを予測し「全ての投資をやめる時」と事前に警告したことで知られる。テレビ東京、日経新聞などメディア出演多数。無料メルマガ「イーグルビュー」で最新情報を提供中。

小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

公開日: 更新日:

 地震への備えをお勧めしてきましたが、最近、大きめな地震の可能性が1レベル上がってきているように思います。

 東日本大震災の39日前(2011年1月31日)に大きな地震が近そうだと判断して、緊急メルマガ「地震対策についての緊急配信」を発行しましたが、現時点ではその時のレベルには至っていないものの、最近の小規模地震の多さは大きい地震の予兆にみえます。

 先週6月18日にニュージーランドでマグニチュード7・4の地震がありましたが、3・11東日本大震災も熊本地震も、その前にニュージーランドで大地震がありました。

 日本全体の危険度が高いですが、特に関東が一番気になります。

 備蓄やリスクマネジメントはしっかりしておいてください。

 寝る時は、頭の近くにタンスなど重いものを置かないことも大切です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  4. 4

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  5. 5

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 8

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  9. 9

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  10. 10

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

もっと見る