小林佳樹
著者のコラム一覧
小林佳樹金融ジャーナリスト

銀行・証券・保険業界などの金融界を40年近く取材するベテラン記者。政界・官界・民間企業のトライアングルを取材の基盤にしている。神出鬼没が身上で、親密な政治家からは「服部半蔵」と呼ばれている。本人はアカデミックな「マクロ経済」を論じたいのだが、周囲から期待されているのはディープな「裏話」であることに悩んで40年が経過してしまった。アナリスト崩れである。

市場が懸念するSBIグループ総帥・北尾吉孝氏の蹉跌

公開日: 更新日:

「特捜が融資先のA社に入って、大物政治家へ金が流れていないか調べているとの真偽不明の情報が駆け巡っています」

 市場関係者がこう話すA社は、横浜に本社を置く再生可能エネルギーを手掛けるベンチャー企業で、イメージキャラクターを著名な政治家が務めている。再生可能エネルギー市場の拡大を受け、業容を急拡大させた同社だが、ここにきて経営不安が市場で取り沙汰され始めているという。

 そのA社に融資しているのが、北尾吉孝氏が総帥を務めるSBIグループだ。同グループは4月2日、ネット経由で投資家から募った資金を事業会社に貸し付ける子会社の事業に関連し、2021年3月期に最大150億円の特別損失を計上すると発表した。子会社が運営する一部ファンドで投資勧誘の違反があった可能性が高いことを受け、投資家に元本相当額の償還を進めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  5. 5

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  8. 8

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  9. 9

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  10. 10

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

もっと見る