• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「江田新党」立ち上げ 雪崩打つ「維新」「民主」野党再編

 みんなの党の江田憲司前幹事長が、ついに離党する。9日午後、離党届を提出し、記者会見を開く。

 井出庸生衆院議員(比例北陸信越)らを含め、同調者が10人を超えるのは確実な情勢。寺田典城参院議員(比例)は9日午前、秋田県庁で会見し、離党の意向を表明。井坂信彦衆院議員(比例近畿)や小野次郎参院議員(比例)らも離党届を提出する。

 江田の離党は遅すぎたぐらいだ。党運営を巡る渡辺喜美代表とのいがみ合いは、幹事長を更迭された夏以降、修復不可能な状態に陥っていた。党内でくすぶっているより、離党した方がスッキリする。

 それに、喜美代表は秘密保護法の修正協議で安倍政権に取り込まれた。
「渡辺代表は11月に安倍首相と会食した際、<改革を進めるなら、(我々は)てこの原理を働かせる存在になる>と伝えたそうです。安倍政権に協力するなら野党とはいえません。大臣ポストをほのめかされ、気持ちが揺らいだとすら囁かれています」(永田町関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  10. 10

    納采の儀は困難…小室圭さんは「日本に帰れない」の声も

もっと見る