内紛激化 みんなの党江田前幹事長に離党勧告!?

公開日: 更新日:

「これ以上政党の価値を下げないでほしい。江田さんは離党すべきだ」――。

 ツートップがいがみ合いを続けているみんなの党。渡辺喜美代表に対して、江田憲司前幹事長が「党改革」や「党運営の見直し」を求め糾弾してきたのだが、この内紛のせいでみんなの党の支持率はドン底まで落ち込んでいる。そのため、いよいよ我慢しきれなくなった中間派の地方議員や支持者から、今月に入り、冒頭のような趣旨の意見書が党に対して次々に出された。意見書には、「党改革」などと言いながら、実は江田氏が裏で謀略を企てて動いていたことも告発されているという。

 その中身について、中間派の議員のひとりがこう明かす。

「漏れ伝わっているのは、これまで表に出ていなかった江田さんのことが随分書かれているそうです。私にも言ってこられましたが、江田さんが中間派の議員たちに、<あと何人か集まれば両院議員総会で渡辺代表を解任できるから協力してくれ>と口説いて回っていたことや、党内結束が求められるこの時期になっても<DRYの会(維新、民主との野党再編勉強会)はやめない>と陰で発言したり。先に離党した柿沢未途議員をマスコミに売り込み渡辺批判を指南したことなどが書かれているようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る