• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米「出口戦略」に引っ張られる「異次元緩和」

 米国が量的緩和の縮小にカジを切った。米連邦準備制度理事会(FRB)が連邦公開市場委員会(FOMC)で、量的緩和第3弾(QE3)の規模縮小を決定。ゼロ金利政策を続ける一方で、出口戦略に乗り出すとしている。
「異次元の緩和」を続ける日本も、いずれ出口に向かわざるを得ない。日銀は2%の物価目標を掲げている。それまでは緩和を続けるとしているが、米国が動いたことで、縮小機運が高まる可能性は大いにあるだろう。

 政府は12月の月例経済報告で「デフレ」の表現を削除するそうだ。8月以降、「デフレ状況ではなくなりつつある」としてきたが、物価下落が続く状況ではなくなったと判断。4年2カ月ぶりに不採用とする。物価目標のクリアに向け、着実に前進しているとみているわけだ。

 だが、はたして実体経済は、本当にデフレ克服に向かっているのだろうか。どうもそうは思えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る