日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

状況打開で「出直し選」も与野党無視…橋下大阪市長の“断末魔”

 付き合わされる市民はタマったもんじゃないだろう。
 大阪市の橋下徹市長が3日午後、大阪府公館で会見し、公約に掲げた「大阪都構想を動かすため」として市長を辞職し、出直し選に打って出る意向を明らかにした。

 1日に東京都内で開いた「大阪維新の会」の全体会議で表明した。大阪都構想は当初、来年4月の都制移行を目指していたが、制度設計を話し合う法定協議会が難航している。橋下の突然の「ブチ切れ辞職」は、この状況の打開を狙ったものだ。橋下は会合で「わがままにやらせてもらう」なんて言っていたが、自分の欲望と私的動機で政治をやっていいのか。首長が議論を経ることなく、ワガママに政治をやる――というなら「独裁者」と同じだ。

「気に入らないと『出直し選』をチラつかせるのは橋下市長の常套手段ですよ。昨年5月に自身の従軍慰安婦発言について市議会に問責決議案を提出された時も『出直し選』を言い出した。この時は、市議会第2会派の公明党が参院選への影響などを懸念したために議会側の足並みがそろわず、議案否決になりました。しかし、今度は与野党とも完全無視で、対立候補すら立てないでしょう。そうなると、橋下市長が無投票当選することになるが、議会構成は選挙前と変わりないから状況も同じ。つまり、全く選挙の意味がないのです」(大阪市政担当記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事