状況打開で「出直し選」も与野党無視…橋下大阪市長の“断末魔”

公開日:  更新日:

 付き合わされる市民はタマったもんじゃないだろう。
 大阪市の橋下徹市長が3日午後、大阪府公館で会見し、公約に掲げた「大阪都構想を動かすため」として市長を辞職し、出直し選に打って出る意向を明らかにした。

 1日に東京都内で開いた「大阪維新の会」の全体会議で表明した。大阪都構想は当初、来年4月の都制移行を目指していたが、制度設計を話し合う法定協議会が難航している。橋下の突然の「ブチ切れ辞職」は、この状況の打開を狙ったものだ。橋下は会合で「わがままにやらせてもらう」なんて言っていたが、自分の欲望と私的動機で政治をやっていいのか。首長が議論を経ることなく、ワガママに政治をやる――というなら「独裁者」と同じだ。

「気に入らないと『出直し選』をチラつかせるのは橋下市長の常套手段ですよ。昨年5月に自身の従軍慰安婦発言について市議会に問責決議案を提出された時も『出直し選』を言い出した。この時は、市議会第2会派の公明党が参院選への影響などを懸念したために議会側の足並みがそろわず、議案否決になりました。しかし、今度は与野党とも完全無視で、対立候補すら立てないでしょう。そうなると、橋下市長が無投票当選することになるが、議会構成は選挙前と変わりないから状況も同じ。つまり、全く選挙の意味がないのです」(大阪市政担当記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

もっと見る