日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

経営委で「罷免」か NHK籾井会長の深刻な“体調不良”

 任期いっぱい居座るとみられていたNHKの籾井勝人会長(71)が、4月22日の経営委員会で「クビ」になる可能性が出てきた。

 辞める理由は従軍慰安婦をめぐる不適切発言でも、受信料の不払い増加でもなく、籾井会長本人が抱える問題だという。籾井会長は4月8日の経営委員会を“体調不良”で欠席したが、これは異例中の異例だ。
「NHKの最高意思決定機関である経営委員会を会長が欠席するには、よほどの事情があるのでしょう。体調不良が理由だとしたら、かなり深刻なのかもしれません」(NHKに詳しいジャーナリストの小田桐誠氏)

■「まだらボケ」の兆候

 そんな折も折、発売中の「週刊新潮」が籾井会長の健康不安を伝えている。放送センター21階にある役員フロアで会長室の場所が分からず迷子になったり、部下の顔や名前が覚えられないといった「まだらボケ」の兆候があるというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事