「冷戦」が抜けない安倍首相の時代錯誤

公開日: 更新日:

「日米同盟は力強く復活した」
 日米首脳会談後の共同記者会見で、安倍首相は「成果」を強調していた。親密な関係を内外にアピールするためだろう。オバマ米大統領をファーストネームで呼び、「バラクと私で、これまでで一番良好な日米関係を築いていきたい」とも訴えている。

「復活」と言うからには、壊れていたのだろう。実際、日米関係は戦後で最も冷え込んでいると指摘されてきた。最低から「一番」になるのは簡単ではない。じっくりと時間をかけて理解を深めることが重要だ。有名店で一緒にすしをつまんだぐらいで、鼻歌を歌いながら肩を組んで歩く関係になれるわけではない。

 信頼を失わせたのは安倍首相である。米国は、近隣諸国との緊張を高める靖国神社参拝は控えるように進言していた。それを聞き入れられなかったため、「失望した」とのコメントを発表。「戦後レジームからの脱却」といったフレーズに対しても、大戦後の国際秩序に異を唱えるものだとして不快感を持っているらしい。安倍政権への不信は根強いのだ。2泊3日の国賓待遇で払拭されるとも思えない。ましてや、「一番」になるのは不可能だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  10. 10

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る