「冷戦」が抜けない安倍首相の時代錯誤

公開日:  更新日:

「日米同盟は力強く復活した」
 日米首脳会談後の共同記者会見で、安倍首相は「成果」を強調していた。親密な関係を内外にアピールするためだろう。オバマ米大統領をファーストネームで呼び、「バラクと私で、これまでで一番良好な日米関係を築いていきたい」とも訴えている。

「復活」と言うからには、壊れていたのだろう。実際、日米関係は戦後で最も冷え込んでいると指摘されてきた。最低から「一番」になるのは簡単ではない。じっくりと時間をかけて理解を深めることが重要だ。有名店で一緒にすしをつまんだぐらいで、鼻歌を歌いながら肩を組んで歩く関係になれるわけではない。

 信頼を失わせたのは安倍首相である。米国は、近隣諸国との緊張を高める靖国神社参拝は控えるように進言していた。それを聞き入れられなかったため、「失望した」とのコメントを発表。「戦後レジームからの脱却」といったフレーズに対しても、大戦後の国際秩序に異を唱えるものだとして不快感を持っているらしい。安倍政権への不信は根強いのだ。2泊3日の国賓待遇で払拭されるとも思えない。ましてや、「一番」になるのは不可能だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る