日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

水面下で練られる八百長芝居 公明党「裏切りのシナリオ」

 安倍首相が解釈改憲に向けた動きを加速させている。9日に自民党の石破幹事長、高村副総裁と相次いで会談。週明けの13日に安保法制懇の報告書が提出されるのを受け、記者会見も開くという。軍靴の音は近づいている。

 頼みの綱は「平和と福祉」の公明党しかない状況だが、水面下では解釈改憲を容認する「裏切りのシナリオ」ができあがっているという。


 公明党は安倍政権が目指す「集団的自衛権の行使容認」に反対する姿勢を崩していない。山口代表は、8日の党中央幹事会でも、現行の憲法解釈を尊重する立場を強調している。今のところブレてはいない。

「安倍首相は会期を延長してでも今国会中に解釈改憲を閣議決定すると思います。一方の公明党は絶対にノーで譲れない。支持母体の創価学会も幹部はそろってノーです。いつまでも自民党に付いていくだけの“下駄の雪”じゃダメだ、という過激な意見まで聞こえてくる。ただ、政権を離脱するという選択肢はありません。そのため、今はまず先送りに徹する考えです。時間をかけて合意できる形に持っていこうとしています」(政治ジャーナリスト・鈴木哲夫氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事