水面下で練られる八百長芝居 公明党「裏切りのシナリオ」

公開日:  更新日:

 安倍首相が解釈改憲に向けた動きを加速させている。9日に自民党の石破幹事長、高村副総裁と相次いで会談。週明けの13日に安保法制懇の報告書が提出されるのを受け、記者会見も開くという。軍靴の音は近づいている。

 頼みの綱は「平和と福祉」の公明党しかない状況だが、水面下では解釈改憲を容認する「裏切りのシナリオ」ができあがっているという。


 公明党は安倍政権が目指す「集団的自衛権の行使容認」に反対する姿勢を崩していない。山口代表は、8日の党中央幹事会でも、現行の憲法解釈を尊重する立場を強調している。今のところブレてはいない。

「安倍首相は会期を延長してでも今国会中に解釈改憲を閣議決定すると思います。一方の公明党は絶対にノーで譲れない。支持母体の創価学会も幹部はそろってノーです。いつまでも自民党に付いていくだけの“下駄の雪”じゃダメだ、という過激な意見まで聞こえてくる。ただ、政権を離脱するという選択肢はありません。そのため、今はまず先送りに徹する考えです。時間をかけて合意できる形に持っていこうとしています」(政治ジャーナリスト・鈴木哲夫氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  9. 9

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  10. 10

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

もっと見る