• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

解釈改憲NOで「いいね」急増…祭り上げられた公明党の困惑

 集団的自衛権の行使容認に慎重姿勢を崩さず、日に日に存在感が増している公明党。27日の2回目の与党協議でも北側一雄副代表は「国民の理解を得ながら進めることが大事」と強調した。

 日経新聞の最新世論調査の政党支持率を見ると、公明党は前月比1ポイント上昇の4%。時事通信の世論調査でも0.5ポイント増えて3.4%となった。支持母体の創価学会だけでなく、無党派層も公明支持に回っていることが大きい。

 公式HPで紹介している公明新聞のニュースランキングを見ると、1位は山口那津男代表の集団的自衛権をめぐる憲法解釈についての講演内容を紹介した「従来解釈との整合性重視」という記事。党のフェイスブック(28日時点)で「522いいね!」を集めた。

「『いいね!』の数は驚くほど多くありませんが、集団的自衛権容認をめぐる党の動向が注目を集めているということだと思います」(公明党広報部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る