「解釈改憲」当日の降板劇 安倍首相が削った小松長官の“命”

公開日: 更新日:

 出はなをくじかれるとは、このことだろう。
 内閣法制局の小松一郎長官(63)が退任することになった。15日、健康不良を理由に安倍首相に辞意を伝えていた。

 官邸記者たちの間でも、今月に入ってから小松長官の体調はウワサになっていた。このところ国会中継などで見かけない間に、一段とやつれてきたからだ。

「ゲッソリ痩せて、具合が悪そうだった。がん治療中とはいえ、顔色も異常に悪くて、とてもマトモに働ける状況には見えなかった」(全国紙政治部記者)

 政府高官も最近、番記者たちに「今まで全く関係なかった人が来て答弁するなんてできっこないから、ある程度、今までの経緯も分かっている人じゃないと…」と漏らし、長官交代の可能性に触れていた。後任には、横畠裕介法制局次長が昇格した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2横綱1大関に続き朝乃山も撃破 好調遠藤を支える謎の新妻

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  4. 4

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

  5. 5

    仮出所した中江滋樹を高級車で迎えた意外な人物とは?

  6. 6

    地上波から消えた不当を証明した「新しい地図」のスター感

  7. 7

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  8. 8

    「パンクで遅刻する」上司に送ったビミョーすぎる証拠画像

  9. 9

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  10. 10

    AAA活動休止発表で“シンボル”を失うエイベックスの痛手

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る