今度は職業訓練利権…ウマミを得る竹中平蔵氏の親密企業

公開日:  更新日:

厚労省官製談合で予算半額返上

 厚労省が職業訓練事業を“天下り法人”に不正入札させた実態が明るみとなり、事業費149億円の約半分、70億円を国庫に返納することになった。問題は残る半分の予算の行方だ。またしても、産業競争力会議のメンバーで、人材派遣大手パソナの竹中平蔵会長(63=慶大教授)と関係の深い企業の手に渡っていた。

 不正入札が問題となったのは、厚労省が今年度から実施する「短期集中特別訓練事業」だ。失業した若者らを対象に1~3カ月の短期間で介護やビル管理などの職業訓練を受講させ、早期の就職を目指す。
 国は訓練期間中、受講者に月10万円程度の給付金と交通費を支給し、国の認定を受けた民間の訓練機関が受講者1人当たり月5万~7万円の「奨励金」を受け取れる仕組みだ。

「給付金の支給と訓練機関の審査実務を今年3月、厚労省の天下り法人『高齢・障害・求職者雇用支援機構(JEED)』が落札しましたが、その直後に厚労省の幹部職員が天下り法人に仕事を回すため、事前に入札資料をやりとりしていた官製談合の疑いが浮上。JEEDへの落札を取りやめ、全国一律から全国6地域に分ける形に変更し、再び入札の運びとなりました」(政府関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る