• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

舛添「猪瀬が嫌いだから」と正直に言えやい

東京五輪会場計画見直しの本音

■サメの脳みそは相手にする必要なし

 舛添都知事が都の五輪計画を見直すと都議会で宣言して以来、各メディアがよって立つ立場によっていろんな伝え方をしているのが興味深い。

 オリンピック大規模施設建設で日本経済が活性化し、国民を祭りの気分に引きずり込んで、割に合わぬ被災地の復興を覆い隠せると踏んだ大手企業の手先、与党自民党を公然と持ち上げる立場のテレビ局なんぞ、市民の発言として「え~なにそれ~? 見直しってちょっと寂しくなるね~」だの、「地元に競技施設が出来ないんじゃ、わざわざ出かけないわよね~」だの、手前みそのコメントまで放映して、今さら見直しはおかしいのではないか? とアドバルーンをあげる。

 前都知事の聞くも無残な英語の招致演説で「4500億円もの潤沢な資金が東京にはある!」と豪語しておっぴろげた大風呂敷をこの国の実態と異なるから見直すべきではないか? という立場の民放テレビ局は、葛西臨海公園の自然破壊を懸念する「日本野鳥の会」の意見や、「新国立競技場の建設計画は景観破壊であって住民の意見を何も聞かずに進められている」という地元意見を取り上げたり、好意的、もしくは「そら見たことか」とアドバルーンをあげる。法人局は例によって他人事。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  9. 9

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  10. 10

    「ボラ申し込まなければいい」発言 IOCコーツの正体とカネ

もっと見る