周永康だけじゃ済まない 習近平が計る「第2」「第3」の粛清

公開日: 更新日:

 中国共産党が立件を決めた周永康・前政治局常務委員(71)は、胡錦濤前政権の党内序列9位の実力者だ。エネルギー政策に影響を持つ大物で、公安・司法分野のトップも務めた。09年秋の党大会で引退しているが、その後も「石油閥」「政法閥」「四川閥」を権力基盤に影響力を持ち続けたとされる。

 拓大教授の富坂聰氏(現代中国)が言う。
習近平政権にとって、周永康問題は前政権から引き継いだ宿題でした。周は、前政権が排除した薄煕来(元重慶市党委書記)に近い人物。薄の立件にも1人だけ反対し目を付けられていた。だから、習政権も思い切りやれたのです。今後は10月に開催する第18期中央委員会第4回総会(4中全会)を前倒しして周問題にケリをつけ、反腐敗キャンペーンの幕引きを図ろうとするでしょう。そろそろ“経済建設”にシフトしなければならないし、今年はAPECが中国開催で8月も高級事務者会合が予定されています。同じ問題にばかり関わっていられません。ただ、ネットでは“褒め殺し”が始まった。<さすが習近平だ><大トラを退治した>と称賛した上で、さらなる摘発を期待する声が広まっています。大衆の不満を意識する習にとって、無視できない動きでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  8. 8

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  9. 9

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る