• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

周永康だけじゃ済まない 習近平が計る「第2」「第3」の粛清

 中国共産党が立件を決めた周永康・前政治局常務委員(71)は、胡錦濤前政権の党内序列9位の実力者だ。エネルギー政策に影響を持つ大物で、公安・司法分野のトップも務めた。09年秋の党大会で引退しているが、その後も「石油閥」「政法閥」「四川閥」を権力基盤に影響力を持ち続けたとされる。

 拓大教授の富坂聰氏(現代中国)が言う。
「習近平政権にとって、周永康問題は前政権から引き継いだ宿題でした。周は、前政権が排除した薄煕来(元重慶市党委書記)に近い人物。薄の立件にも1人だけ反対し目を付けられていた。だから、習政権も思い切りやれたのです。今後は10月に開催する第18期中央委員会第4回総会(4中全会)を前倒しして周問題にケリをつけ、反腐敗キャンペーンの幕引きを図ろうとするでしょう。そろそろ“経済建設”にシフトしなければならないし、今年はAPECが中国開催で8月も高級事務者会合が予定されています。同じ問題にばかり関わっていられません。ただ、ネットでは“褒め殺し”が始まった。<さすが習近平だ><大トラを退治した>と称賛した上で、さらなる摘発を期待する声が広まっています。大衆の不満を意識する習にとって、無視できない動きでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  4. 4

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  5. 5

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

もっと見る