中国主導「BRICS開発銀行」創設 習近平“カラ騒ぎ”勝算

公開日:  更新日:

 BRICSの5カ国(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)が、世界銀行と国際通貨基金(IMF)の代わりとなる新開発銀行と外貨準備基金の創設で合意した。中心となるのは、新開発銀行の本部を上海に持ってきた中国。「ドル基軸を決めた戦後ブレトンウッズ体制への挑戦」なんて見方も出ているが、はたして内実は――。

 中国の習近平国家主席は、今回の合意について「国際金融におけるBRICSの発言権向上に有益なだけでなく、われわれや途上国の国民に利益をもたらす」と強調した。途上国にとっては、世界銀行やIMFよりも使い勝手が良く、政治の腐敗や環境に関する厳しい支援基準は設けない見通しという。メキシコやトルコ、インドネシア、ナイジェリアなど、ほかの新興国の参加も見込んでいる。アルゼンチンやベネズエラなど南米の反米の国々も取り込んでいく方針だ。

 本格稼働すれば、新興国のカネが中国に集まり、中国から途上国にカネが流れていくことになる。米国を中継しない資金が世界を駆けめぐるのだ。規模が大きく膨らんでいけば、米国主導の国際金融秩序も揺らぐことになりかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る