ついにテロのターゲット 現実味帯びてきた習近平の「暗殺」

公開日:  更新日:

 いよいよ「暗殺」の2文字が現実味を帯びてきた。3人が死亡、79人が負傷した中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市で起きた爆発事件について、警察当局は「暴力テロ事件」と断定。しかも習近平国家主席を狙ったテロだった見方が強まり、中国全土に衝撃が走っている。

 習は「反テロ闘争を一刻も緩めずに果断な措置を取れ」と指令を飛ばし、小銃を提げた武装警察や機動隊が北京など全国各地で厳戒態勢を敷いた。習を慌てさせたのは、これまでのテロと違い、ついに自分がターゲットにされたことだ。爆発事件は、習が初めて新疆ウイグル自治区を視察して、現地を離れた直後の4月30日に起きた。

 中国事情に詳しいジャーナリストの富坂聰氏がこう言う。
「もしかしたら爆破犯は人がたくさん集まる場所を狙って無差別殺傷テロを以前から計画していて、習主席の視察情報を知って、実行を決めたのかもしれません。しかし、爆破テロのタイミングがもう少し早ければ、習主席も災禍に巻き込まれたのは事実だから、習主席はかなり危機感を募らせたはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る