高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

円安歓迎しながら「地方創生」掲げる矛盾

公開日: 更新日:

 膠着状態にあった為替相場が再び活発になっているようだ。FOMCの結果を受け、米国の金融緩和が解除されるとの観測が広がったことに加え、米経済が予想外に順調なこともあり、先週末は一気に1ドル=109円台まで円安が進行。世界の資金が米国に流れ込む姿になっている。

 異次元の金融緩和はアベノミクスの第1の矢だ。それによってもたらされる円安を安倍政権は歓迎していた。円安になれば、輸出で稼ぐ大手企業の株価が上がり、内閣支持率の数字も良くなる。経済界も、円安基調に異論はなかったようだ。

 一方で最近の安倍首相は「地方創生」を看板に掲げ、「アベノミクスの成果を地方にも行き渡らせる」と意気込んでいる。最大の政敵といわれる石破氏を地方創生の担当大臣に起用。本腰を入れて取り組むポーズを見せている。

 だが、地方経済にとって最もこたえるのが円安だ。地方の中小・零細企業は原材料を輸入に頼っている。食品加工の現場でも、かなりの部分を輸入食材に依存しているし、ガソリン代、電気代の高騰はボディーブローのように経営を悪化させるだろう。円安が進めば進むほど、地方経済はヘタってしまう。すでに四苦八苦でのたうち回っているところは、耐えられなくなるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  2. 2

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  3. 3

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  4. 4

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  5. 5

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  6. 6

    口封じの国策捜査で実刑に…森友事件の真相は解明されず

  7. 7

    理想の打順を「1番から9番までイチロー」と答えた野村監督

  8. 8

    小説家中島京子氏 ふつうのことをしたANAホテルを支持する

  9. 9

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  10. 10

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る