日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

景気回復の遅れは「反動減」が原因なのか

 政府は8月の月例経済報告で、「駆け込み需要の反動の長期化が景気を下押しするリスクに留意する必要がある」と指摘したそうだ。消費増税の直後は「夏から回復」との見方が多かった。ところが、ちっとも指標は上向かず、弱気になり始めているらしい。4―6月のGDP成長率が大きく落ち込むのは想定していたが、7―9月まで引きずるとは思っていなかったのだろう。第2四半期でも立ち直れない恐れが強くなり、「反動減の長期化」を懸念せざるを得なくなった格好だ。

 それでも政府は経済の実態を見損じている。この落ち込みは「駆け込み需要の反動」ではない。増税前に大きな買い物をしたのは、団塊の世代から上の層だ。それよりも下の現役世代は、金銭的な余裕が少ない。雇用が安定しない若年層はなおさらだ。むろん反動減の要素があるのは否定しない。だが、それだけが落ち込み原因とするには、数字が大きすぎる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事