高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

「政治献金は社会貢献」のウソ…なぜ弱者支援に回さないのか

公開日: 更新日:

 安倍首相の諮問機関である経済財政諮問会議の民間議員に、経団連会長が戻ってきた。16日に開かれた改造内閣後の初会合に榊原会長が出席。御手洗元会長以来、6年ぶりに民間議員となり、大企業や業界団体寄りの政策推進を目指すようだ。

 米倉前会長は「異次元の緩和」を批判したため、安倍首相との関係が冷え込んだとされる。榊原会長は、安倍首相の外遊に付き添い、5年ぶりに企業献金の再開も決めた。そのかいあって民間議員に返り咲いている。いわばポストをカネで買った格好だ。

 榊原会長本人は、「献金は社会貢献の一環」と強調している。儲かっている企業が、政治にかかるコストを負担するのは当然というわけだ。なんだか立派な考えのようにも聞こえるが、社会貢献が本気なら、なぜ心底困っている相手に手を差し伸べようとしないのか。自民党は政党助成金を受け取っている。少なくとも弱者ではない。そんな相手にカネを積むことが、なぜ社会貢献になるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

  5. 5

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  6. 6

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  7. 7

    水害に遭ったら…片付けと清掃作業の手順に「6つの要点」

  8. 8

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  9. 9

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  10. 10

    手越祐也の活躍にジャニーズ歯噛み?「嵐超え」も射程圏内

もっと見る