高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

「国民の声」を「雑音」と見下す安倍自民

公開日:  更新日:

 松島みどり法務大臣が野党の追及を「雑音」と表現し、のちに陳謝した。松島大臣は、祭りで配った「うちわ」に選挙違反の疑いが持たれている。加えて、議員宿舎の入居に関する問題も浮上した。野党が取り上げるのは当然だが、彼女は、国会での指摘や批判を真面目に受け止めていないらしい。

 広辞苑によると雑音とは、「さわがしい音。不快な感じを起こさせる音」だそうだ。松島大臣にとって、野党の指摘なんて「騒がしくて不快なだけ」ということである。自らの非や過ちを認めず、「おかしい」という声をうるさいと思う――なんという思い上がりか。

 恐らく松島大臣はこれまでも、意に沿わない他人の意見を「雑音」と表現してきたのだろう。このときだけ、たまたま口から出てしまったとは思えない。それに、松島大臣だけが日常的に使っているわけでもない気がする。多くの自民党の国会議員は、仲間内で意見を交わす際、異論や反論を「雑音」と見下しているのではないか。日常的に使っている表現だから、国会答弁でも飛び出したと考えるのが自然だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る