• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

まるで見えてこない地方創生策

 安倍政権の足元がグラグラになっている。「女性が輝く社会にする」というテーマは、2閣僚の同時辞任でかすんでしまった。

 もちろん、当たり前に女性が活躍できる環境を整えることは重要だ。女性の登用は多様性につながるし、多様性を持った社会は変化に強い。

 安倍首相は、そんな女性登用の本当の狙いを理解しているのだろうか。改造内閣の人事を見ていると、ただつらつらと並べただけのように見えてしまう。

 しかも、閣内の問題は、この2人だけではなかった。ほかにも複数の大臣が、不透明な政治資金の支出や違法な献金を疑われる事態になっている。

 そんな中、目玉政策としての重要度が増しているのが「地方創生」だろう。

 安倍首相は、「ローカル・アベノミクス」などと称して、「アベノミクスの成果を地方にも行き渡らせる」とぶち上げていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事