井上久男
著者のコラム一覧
井上久男ジャーナリスト

1964年生まれ。九州大卒業後、大手電機メーカーを経て92年に朝日新聞社入社。支局勤務を経て95年から経済部記者としてトヨタ自動車や日産自動車、パナソニックなどを担当。04年朝日新聞を退社しフリーに。文藝春秋、東洋経済新報社、ダイヤモンド社など数多く媒体で記事を執筆している。

<最終回>「吉田調書」記者周辺に不審人物

公開日:  更新日:

「うちの弁当はまずいですよ、と言っている弁当屋で誰が買いますか」と朝日新聞の記者が吐き捨てるように語った。
 一連の不祥事を受けて、朝日新聞の「声欄」が、朝日批判の声で埋め尽くされる日もあった。

「批判だけではなく、反原発報道で頑張れ、という声もある。引き続き政権監視をして欲しいといった声も数多く届いているのにあえて載せていない」(中堅幹部)という。あまりにも自虐的であり、これが反省の姿勢だと思っているのだとすれば、短絡的だ。

 ニュース制作を担う編成局からは最近、「目指す方向は『共感ジャーナリズム』」とのお達しも出た。社内の一部では「政権や大企業に共感してもらう記事でも書けというのか」といった冷ややかな見方すらある。朝日新聞からジャーナリズムを担っていくという気概が消え失せ始めているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る