• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
井上久男
著者のコラム一覧
井上久男ジャーナリスト

1964年生まれ。九州大卒業後、大手電機メーカーを経て92年に朝日新聞社入社。支局勤務を経て95年から経済部記者としてトヨタ自動車や日産自動車、パナソニックなどを担当。04年朝日新聞を退社しフリーに。文藝春秋、東洋経済新報社、ダイヤモンド社など数多く媒体で記事を執筆している。

<最終回>「吉田調書」記者周辺に不審人物

「うちの弁当はまずいですよ、と言っている弁当屋で誰が買いますか」と朝日新聞の記者が吐き捨てるように語った。
 一連の不祥事を受けて、朝日新聞の「声欄」が、朝日批判の声で埋め尽くされる日もあった。

「批判だけではなく、反原発報道で頑張れ、という声もある。引き続き政権監視をして欲しいといった声も数多く届いているのにあえて載せていない」(中堅幹部)という。あまりにも自虐的であり、これが反省の姿勢だと思っているのだとすれば、短絡的だ。

 ニュース制作を担う編成局からは最近、「目指す方向は『共感ジャーナリズム』」とのお達しも出た。社内の一部では「政権や大企業に共感してもらう記事でも書けというのか」といった冷ややかな見方すらある。朝日新聞からジャーナリズムを担っていくという気概が消え失せ始めているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る