井上久男
著者のコラム一覧
井上久男ジャーナリスト

1964年生まれ。九州大卒業後、大手電機メーカーを経て92年に朝日新聞社入社。支局勤務を経て95年から経済部記者としてトヨタ自動車や日産自動車、パナソニックなどを担当。04年朝日新聞を退社しフリーに。文藝春秋、東洋経済新報社、ダイヤモンド社など数多く媒体で記事を執筆している。

<最終回>「吉田調書」記者周辺に不審人物

公開日: 更新日:

「うちの弁当はまずいですよ、と言っている弁当屋で誰が買いますか」と朝日新聞の記者が吐き捨てるように語った。
 一連の不祥事を受けて、朝日新聞の「声欄」が、朝日批判の声で埋め尽くされる日もあった。

「批判だけではなく、反原発報道で頑張れ、という声もある。引き続き政権監視をして欲しいといった声も数多く届いているのにあえて載せていない」(中堅幹部)という。あまりにも自虐的であり、これが反省の姿勢だと思っているのだとすれば、短絡的だ。

 ニュース制作を担う編成局からは最近、「目指す方向は『共感ジャーナリズム』」とのお達しも出た。社内の一部では「政権や大企業に共感してもらう記事でも書けというのか」といった冷ややかな見方すらある。朝日新聞からジャーナリズムを担っていくという気概が消え失せ始めているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  2. 2

    テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭

  3. 3

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  4. 4

    ジャニー喜多川氏の救急搬送で中居正広と木村拓哉の今後は

  5. 5

    ジャーナリスト宮下洋一氏 日本での安楽死法制化には反対

  6. 6

    海外ドラマのメインキャストに 山下智久の気になる英語力

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  9. 9

    日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

  10. 10

    原監督は激怒 プロ最短KOを喫した巨人・菅野の孤独な闘い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る