井上久男
著者のコラム一覧
井上久男ジャーナリスト

1964年生まれ。九州大卒業後、大手電機メーカーを経て92年に朝日新聞社入社。支局勤務を経て95年から経済部記者としてトヨタ自動車や日産自動車、パナソニックなどを担当。04年朝日新聞を退社しフリーに。文藝春秋、東洋経済新報社、ダイヤモンド社など数多く媒体で記事を執筆している。

<最終回>「吉田調書」記者周辺に不審人物

公開日:  更新日:

「うちの弁当はまずいですよ、と言っている弁当屋で誰が買いますか」と朝日新聞の記者が吐き捨てるように語った。
 一連の不祥事を受けて、朝日新聞の「声欄」が、朝日批判の声で埋め尽くされる日もあった。

「批判だけではなく、反原発報道で頑張れ、という声もある。引き続き政権監視をして欲しいといった声も数多く届いているのにあえて載せていない」(中堅幹部)という。あまりにも自虐的であり、これが反省の姿勢だと思っているのだとすれば、短絡的だ。

 ニュース制作を担う編成局からは最近、「目指す方向は『共感ジャーナリズム』」とのお達しも出た。社内の一部では「政権や大企業に共感してもらう記事でも書けというのか」といった冷ややかな見方すらある。朝日新聞からジャーナリズムを担っていくという気概が消え失せ始めているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る