• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第5回>「お友達委員会」で信頼回復の笑止

 朝日新聞ではいま、「第三者委員会」ばやりだ。すでに動いている「吉田調書報道」と「従軍慰安婦検証報道」について検討する2つの委員会に加え、一連の不祥事を受けて、朝日が取り組むべき課題などを検討する「信頼回復と再生のための委員会」の初会合が10月18日に開かれた。あるベテラン記者は「新聞社なのだから、まずは自分たちで調べて何が原因だったのかを検証し、そのプロセスや結果を第三者にチェックしてもらうのが筋。外部の人には本当に何が問題だったのか真実は分からない」と指摘する。

 確かにそうだ。企業の社外取締役が大所高所からの意見を述べることはできても、門外漢では真相を掘り出して本質的な課題を指摘することができないのと同じだ。要は、「木村伊量社長が描く筋書き通りの結論を出してもらうためのお飾り」(中堅幹部)に過ぎないとみられている。自分たちに都合のいいことを言ってくれる御用学者を集める霞が関の審議会と似たり寄ったりなのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  9. 9

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  10. 10

    池谷幸雄氏が激白 “女帝”塚原本部長が集めた疑惑のカネ

もっと見る