高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

古色蒼然の政策に代わる新シナリオは可能だ

公開日:  更新日:

 21世紀という新たな時代をいかに見据え、国民の安寧をどう維持していくのか。その明確なシナリオが解散・総選挙に突き進む政界から全く見えてこない。

 現政権はアベノミクスの是非を選挙の争点に掲げるようだが、そのシナリオの破綻はもはや明白だ。アベノミクスの失敗は2期連続マイナス成長というGDPショックでハッキリした。

 そもそも安倍首相が放った3本の矢は、いずれも“時代の的”を外していたのだ。

 異次元緩和の円安誘導策で、輸出企業を後押しする。輸出産業が潤えば上流から下流へと利益が滴り落ちる。いわゆる「トリクルダウン」への期待感がアベノミクスのシナリオを支えていたが、幻想はグローバル時代という現実を前にもろくもはじけ飛んだ。

 グローバル化の進展は日本の産業構造に空洞化をもたらした。輸出企業の多くは、すでに海外に生産拠点を設けている。海外で儲けた利益はさらなる海外投資に向かう。国内に還流されるのは、国外で積み上げた利益の一部だ。そのカネは本社の台所を潤わせているだけで、「下流」に行き渡ることはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る