• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

名護市のサンゴ群生地がボロボロに…国家権力が“環境破壊”

 小笠原のサンゴも大事だが、こちらのサンゴも大問題だ。

 沖縄県名護市大浦湾のユビエダハマサンゴの群生地に帯状の傷がついているのが見つかり、波紋が広がっている。今月10日、普天間基地移設に反対する「ヘリ基地反対協議会」が確認したもので、現場は水深6メートルの2カ所。50センチほどの幅で約10メートル、別の場所で約5メートルにわたってサンゴが砕けていた。ここは埋め立て区域のすぐそばで、反対住民の抗議を警戒し、沖縄防衛局が大型船を停泊させている場所。そのため、大型船が引きずったイカリによって傷つけられたとみられている。

 沖縄防衛局に問い合わせたところ「当該海域ではアンカーを使用しておらず、ユビエダハマサンゴを破損したという事実関係は確認されていません」と木で鼻をくくったような回答。沖縄県は「確認して対応を決めます」(自然保護緑化推進課)と静観の構えだ。基地問題については行政までが及び腰らしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る