• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米が地上軍投入へ 火蓋切られるイスラム国との「10年戦争」

 ついに「イスラム国」との戦いにアメリカが地上軍を投入することになりそうだ。オバマ大統領は「作戦期間は3年」「任務は人質の捜索や救出だ」と、本格的な戦闘には加わらないと強調しているが、一度、地上戦に足を突っ込んだら、ズルズルと泥沼に入り込みかねない。「イスラム国」との地上戦は、どんな展開になるのか。

 アメリカは4月以降、まずイラク国内に居座る「イスラム国」の掃討から始める予定だ。米軍は直接戦わず、「イラク政府軍」と「クルド人部隊」に随行し、サポートすることになる。

「これまで米軍は『イラク政府軍』と『クルド人部隊』を後方からサポートしていましたが、春以降は一緒に行動し“前線司令部”として作戦を授けるようになるはずです。だから、歩兵部隊が中心になるでしょう。歩兵部隊とは別に、イスラム国の幹部を殺害する特殊部隊と、イザという時、米兵を救出する部隊も加わるはずです」(軍事ジャーナリスト・黒井文太郎氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

もっと見る