人気ゲームのパクリも イスラム国「勧誘ビデオ」衝撃の洗脳性

公開日:  更新日:

 メディアが連日、関連ニュースを流す影響だろうか。軽いノリでイスラム国に「感化」される若者が続出している。ネットやツイッタ―には、〈イスラム国の一員になりたい〉〈ぶっちゃけ俺もISIL入隊しようと思った〉といった書き込みが複数見られる。

 実際、イスラム国は多くの人の首をはね、国際社会を敵に回しているのに世界中から若い“志願者”が後を絶たない。

 若者を引きつけているのは、「イスラム国」の“リクルートビデオ”だ。そのひとつは、人気ゲーム「グランド・セフト・オート」をまねて作られたといわれている。欧米を中心にシリーズ累計1億5000万本を売り上げたヒット作だ。元シリア大使の国枝昌樹氏は著書「イスラム国の正体」(朝日新聞出版)でビデオをこう評している。

〈イスラム国の戦闘員がゲーム場面に登場して、どんどん敵を撃ち倒していくという「かっこいい」映像で、殺す瞬間を繰り返し再生するなど、さまざまな映像加工を施しています。(中略)欧米の若者たちには、この類のゲームの愛好者が非常に多いといわれており、その層を意識的に狙って、わざわざ人気ゲームを模した映像をつくったのでしょう〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る