• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

人気ゲームのパクリも イスラム国「勧誘ビデオ」衝撃の洗脳性

 メディアが連日、関連ニュースを流す影響だろうか。軽いノリでイスラム国に「感化」される若者が続出している。ネットやツイッタ―には、〈イスラム国の一員になりたい〉〈ぶっちゃけ俺もISIL入隊しようと思った〉といった書き込みが複数見られる。

 実際、イスラム国は多くの人の首をはね、国際社会を敵に回しているのに世界中から若い“志願者”が後を絶たない。

 若者を引きつけているのは、「イスラム国」の“リクルートビデオ”だ。そのひとつは、人気ゲーム「グランド・セフト・オート」をまねて作られたといわれている。欧米を中心にシリーズ累計1億5000万本を売り上げたヒット作だ。元シリア大使の国枝昌樹氏は著書「イスラム国の正体」(朝日新聞出版)でビデオをこう評している。

〈イスラム国の戦闘員がゲーム場面に登場して、どんどん敵を撃ち倒していくという「かっこいい」映像で、殺す瞬間を繰り返し再生するなど、さまざまな映像加工を施しています。(中略)欧米の若者たちには、この類のゲームの愛好者が非常に多いといわれており、その層を意識的に狙って、わざわざ人気ゲームを模した映像をつくったのでしょう〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

もっと見る