「新国立」整備費めぐり…舛添vs下村 いまさら“舌戦”の魂胆

公開日:  更新日:

「(知事は)当事者意識を持って」(下村博文文科相)
「危機感を一番持っているのが都知事だ」(舛添要一知事)

 東京五輪のメーン会場「新国立競技場」の整備費負担をめぐる“舌戦バトル”。ついに東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が「知事には言う権利はない」「大臣の責任がない」と親分面で仲裁に乗り出したが、この3人は誰一人としてエラソーなことを言う資格はない。

 新国立競技場の整備費のうち、文科省が都の負担分を580億円と試算。舛添都知事が「こちらに一言の相談もなく、算出根拠もない」とカミついて勃発したこの騒動。だが、整備計画のデタラメな経緯を振り返れば、こんな事態に陥るのは時間の問題だった。

 世界的建築家の槇文彦氏らの「巨大すぎて景観を壊す」との意見を無視して計画を進めた揚げ句、円安による資材価格の高騰も重なり、想定整備費は当初の1300億円から、3000億~4000億円に跳ね上がったと報じられている。しかも、旧競技場を更地にした今になって、「屋根を付けず、8万人収容席の1万5000席を仮設にしないと五輪までに整備できない」と来たもんだ。そんなこと、取り壊す前から分かっていたんじゃないのか。それでいて、実際の整備費用を6月下旬まで公表できないという。呆れるばかりのドンブリ計画だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る