住民説明会も大荒れ ゴタゴタ続く新国立競技場の前途多難

公開日:  更新日:

 2019年ラグビーW杯の開幕戦と決勝戦を行うことが決まった新国立競技場。すでに旧国立競技場の取り壊し工事や周辺の解体工事が始まっているが、それと同時進行で行われているのが近隣住民への説明会だ。

 日本スポーツ振興センター(JSC)が主催した4日の説明会には153人が出席した。今回、JSC側から新国立競技場建設や取り壊しについての説明があったが、前途多難を思わせた。近隣住民がJSCの対応に怒りを募らせているのである。

 説明会は3度目だが、「解体工事でビルが揺れるせいで仕事にならない」「交通規制の事前告知がなかった」などとクレームが続出。JSC側は「個別に対処します」と答えたが、出席者のひとりはこう憤る。
「JSCの対応があまりにも雑で、説明もない。質問を途中で遮ったり、質問の数を制限したりと形だけの説明会でしたね。ただ、地元住民を呼んで、『説明をしました』で終わらせたのでは納得できません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る