日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

住民説明会も大荒れ ゴタゴタ続く新国立競技場の前途多難

 2019年ラグビーW杯の開幕戦と決勝戦を行うことが決まった新国立競技場。すでに旧国立競技場の取り壊し工事や周辺の解体工事が始まっているが、それと同時進行で行われているのが近隣住民への説明会だ。

 日本スポーツ振興センター(JSC)が主催した4日の説明会には153人が出席した。今回、JSC側から新国立競技場建設や取り壊しについての説明があったが、前途多難を思わせた。近隣住民がJSCの対応に怒りを募らせているのである。

 説明会は3度目だが、「解体工事でビルが揺れるせいで仕事にならない」「交通規制の事前告知がなかった」などとクレームが続出。JSC側は「個別に対処します」と答えたが、出席者のひとりはこう憤る。
「JSCの対応があまりにも雑で、説明もない。質問を途中で遮ったり、質問の数を制限したりと形だけの説明会でしたね。ただ、地元住民を呼んで、『説明をしました』で終わらせたのでは納得できません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事