舛添都知事も腰痛と勘違い 「変形性股関節症」は意外に怖い

公開日: 更新日:

 舛添要一都知事が31日、会見を開き4月1日から入院すると発表した。持病の腰痛が悪化したため病院で受診したところ、「変形性股関節症」と診断されたという。舛添都知事は入院後すぐに手術を受け、リハビリに取り組むと明かした。期間は約1カ月だ。

 変形性股関節症は、股関節の軟骨がすり減って骨や関節が変形し、痛みが出る病気だ。国内の患者数は500万人にも上るといわれ、ひどくなると、痛みで正座ができなくなったり、靴下をはくのも困難になるというから恐ろしい。医学博士の米山公啓氏はこう言う。

「年を取るごとに、軟骨は徐々にすり減っていきます。そのため、中高年に多く見られる病気です。症状が軽ければ薬の服用で様子を見ますが、重症なら手術に踏み切らざるを得ません」

 大変なのは手術が難しいうえ、失敗するケースも少なくないことだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  6. 6

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  9. 9

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  10. 10

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る