森会長が地方開催前向き発言 「東京五輪」は“名ばかり”加速

公開日:  更新日:

「スモールオリンピック」は絵に描いた餅ということか。2020年東京五輪が、全国各地で開催される可能性があるからだ。

 19日、2日間にわたる国際オリンピック委員会(IOC)と東京五輪・パラリンピック組織委員会の大会準備状況を確認する事務折衝が終了。会議を終えて会見した組織委の森喜朗会長(元首相)は施設の建設コスト削減のため、バスケット、バドミントンなど4競技1種目の会場見直しをIOCに報告したと明かした。

 バスケットの会場はすでにさいたまスーパーアリーナ(さいたま市)を候補地に選定しているものの、今回の事務折衝に出席したIOC副会長のジョン・コーツ調整委員会委員長は「8キロ圏内にこだわるよりも既存施設の活用が重要。バスケの予選に関しては地方開催もあり得る。サッカーもそうだが、例えば大阪に持っていってはどうかと提案した」と発言。「キャパシティーも増えるし、チケットも売れて収入も増える」と金満主義のIOC幹部らしくソロバンをはじいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る