森会長が地方開催前向き発言 「東京五輪」は“名ばかり”加速

公開日: 更新日:

「スモールオリンピック」は絵に描いた餅ということか。2020年東京五輪が、全国各地で開催される可能性があるからだ。

 19日、2日間にわたる国際オリンピック委員会(IOC)と東京五輪・パラリンピック組織委員会の大会準備状況を確認する事務折衝が終了。会議を終えて会見した組織委の森喜朗会長(元首相)は施設の建設コスト削減のため、バスケット、バドミントンなど4競技1種目の会場見直しをIOCに報告したと明かした。

 バスケットの会場はすでにさいたまスーパーアリーナ(さいたま市)を候補地に選定しているものの、今回の事務折衝に出席したIOC副会長のジョン・コーツ調整委員会委員長は「8キロ圏内にこだわるよりも既存施設の活用が重要。バスケの予選に関しては地方開催もあり得る。サッカーもそうだが、例えば大阪に持っていってはどうかと提案した」と発言。「キャパシティーも増えるし、チケットも売れて収入も増える」と金満主義のIOC幹部らしくソロバンをはじいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  6. 6

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  7. 7

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  8. 8

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  9. 9

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  10. 10

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

もっと見る